電話で相談

自分のメインバンクに『おまとめローン』を断られた私は、その直後、あるところに電話をしていました。

それは、債務整理を得意とした法律事務所でした。

私はアフィリエイトを副業としてやっているのですが、自分が扱っているジャンルの一つに『債務整理』がありました。

なので、アフィリエイト用に広告を出している法律事務所を数社知っていました。

その中でも自分なりにイメージが良い弁護士さんの事務所があり、その法律事務所にまず最初に電話をしました。

意外な事が意外なところで役に立つものですね。。。


電話に出られたのは女性の方でした。

『借金の返済に困っていてご相談したいのですけど。』

そう伝えたことによって私はその場で、弁護士さんに代わってもらえるものだと思っていました。

しかし、実際は違いました。

『これから私がいろいろとお聞きしてから、債務整理に詳しいものに代わります。』との事でした。

要は、まず最初に事務所スタッフの方が、個人それぞれの諸事情を出来る限り詳しく聞いて、それを基に債務整理に詳しいスタッフ(弁護士?もしくは弁護士見習い?)の方が最善の方法を助言下さり、その方法で意思決定すれば最後に弁護士さんと面会・契約と言う3段階の流れのようでした。

これは後から調べてみたら一般的な方法で、債務整理を取り扱っている法律事務所ではほぼこの方法で債務整理業務を進めているようです。

『ではお時間10分程よろしいですか?』

『はい。』

こうして私は個人再生の第一歩を踏み出しました。