お金の貸し借りは気を付けて
『ちょっとでいいからお金貸して』『月末までに返すから〇万円貸して』などと、友人から言われたらあなたはどうしますか?

私は、過去に何度かそんなことを友人から言われたことがあります。

そのほとんどは『俺も今厳しいから』などと、ある意味「丁重に」お断りしていました。

しかし、1回だけお金を貸したことがありました。15万円。

その貸したお金は15年経った今でも返ってきてはいません。それどころか、今では連絡も取れなくなってしまいました。

でも私はそれで良いと思っています。

最初からそのお金は戻ってこないと思って貸していましたから・・・、というより、『あげる』つもりで渡しましたから。

このニュースでもやはり、まずはいかに貸さないで済む方法に持っていくか、そしてもし貸すのだったらあげるつもりで貸してください、とあります。

そして、お金を貸すという行為があった場合は、友人関係にヒビが入る可能性を覚悟してくださいともあります。

全くその通りですよね。

友人からお金を借りたり貸したりという行為があった時点で、今まで通りのフィフティフィフティの関係では無くなりますからね。

必要以上に相手の言動が気になったり気に入らなかったりとやはり友人関係にヒビが入るような出来事が起こってしまう可能性が高くなると思います。

このニュースでは契約書を作成して、たとえ友人でも期限が来たら必ずキチンと催促しましょうとありますが、それがなかなか難しいんですよね。。。

なので、その友人との人間関係を最優先に考えるのなら、私は、出来る限り貸さない方向で断る。で、もし貸すのだったらそのお金をあげる気持ちで『貸す』、が良いかと思います。

参考:
@niftyニュース
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-560665/