カードは計画的に
銀行が無担保で貸し付けを行っている銀行カードローンの過剰融資が問題になっているそうです。

参考にさせていただいたニュースは東北地方の『河北新報』さんのものですが、銀行カードローンの過剰融資による自己破産者増加の問題は全国的にも言える問題です。

実際、私自身も銀行に限らず複数のカードローンで多重債務に陥り、自己破産まで行かないまでも債務整理を進めている人間ですから。。。

2010年に施行された改正貸金業法。その中に消費者金融からの借り入れを原則年収の3分の1以下に制限する「総量規制」が導入されました。

この総量規制が入ったため、過剰貸し付けが出来なくなった消費者金融の破綻も少なからずあったそうです。

しかし、そんな総量規制も銀行カードローンは対象外なのだそうで、多重債務に陥って自己破産してしまうケースが急増しているそうです。

ちなみに私が自己再生という債務整理を弁護士に依頼する時には、総量規制の年収の3分の1をはるかに超えて、年収の1.7倍くらいになっていました。

これも実際今になってみれば、どうやってここまで借りれたのかと不思議に思うほどです。

そんな世の中に日弁連が銀行カードローンにも総量規制の対象にするよう全国銀行協会に要請したそうです。

【銀行】という安心感とブランド、【カードローン】という無担保ゆえの気軽さが相まって、多重債務者、そして債務整理や自己破産者が増えているという現状をまずは理解しましょう。

私が言うのも何なのですが、理由は様々であれ、お金に困っているときに、銀行カードローンなどである一定額を貸してもらえると、変な安ど感に包まれて、その後の返済の大変さなどはあまり考えなくなってしまうものです。

そして、その借りたお金が減ってきてまた苦しくなってくると、今度は違う銀行などのカードローンを探してまた借りてしまい、一時的な安ど感に浸ってしまう・・・。

この繰り返しになってしまうのです。

明確な目的が無いお金の借り入れは、雪だるま式に膨れ上がっていきます

カードローン含め、『フリーローン』的なお金の融通を考えているときはもう一度しっかりと我に返って良く考え直してみて下さい。


参考:
河北新報*<銀行カードローン>止まらぬ融資 増える破産
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170604_73008.html