私は今後も、家計簿的なものは続けていこうと思っています。

前回もちょっと書きましたが、最初、私はこの『家計全体の状況』を記入する作業が本当に辛かったです。

今まで、足りなければATMでおろしたり、更に足りなければキャッシングなどを繰り返していましたから、実際に『何にいくらかかっている』というのは、ほとんどわかっていませんでした。

例えば、住宅ローンとか、生命保険代とか、毎月決まった額のものならともかく、食費や消耗品費をはじめ、光熱費ですら良くわかっていませんでした。

『そんな細かい事やってられないよ』と最初は思われるかも知れませんが、個人再生など債務整理を検討している時点で、お金のやりくりは私と同じで決して上手では無いと思います。

債務整理が終わった後も人生が続く限り、お金はずっとお付き合いしていくものです。

私が言うのもなんですが、お金に振り回されるのではなく、お金を可愛がって手懐ける位のスタンスでお金と付き合って行きましょう。

そのためにはまず、家計の把握は必須です。

家計簿は続けるべきです。

食費と消耗品費は絶対に把握すべき!

私はこの、『家計全体の状況』を記載するようになって、食費と消耗品費は絶対に把握するべきだと感じました。

何故なら、食費と消耗品費を把握するだけで、1ヶ月のやりくりは一気に楽になるからです。

逆にこの2項目を野放しにしておくと、お金がいくらあっても足りない事態になりやすいです。

以前の私のように、足りなくなると引き出したりキャッシングしたりしてやりくりしている人は絶対にやるべきです!

ちなみに私は今は、アプリを使って入力しています。

家計簿『ザイム』

このアプリ、PCをスマホの連動はもちろんのこと、スマホだとレシートの自動読み込み機能などもあります。(私のスマホだと動作がイマイチなので読み込み機能は使っていませんが。)

私は有料版にして金融機関なども登録して使ってます。

詳しくはご自分で確認してみて下さい。

家計簿『ザイム』